ビジネス用のローンは法人カードを

クレジットカードを発行された時、一緒に郵送される利用規約をはじめから最後まできちんと読んでいる人は少ないのではないでしょうか。特に個人用のクレジッカードの場合、何か問題が起きるまで全く利用規約を読んだ記憶がないという人も多いと思います。私もそのようなタイプの1人だったのですが、先日知人からクレジットカードに関するとても気なる情報をもらいました。法人カードと違い、個人用のクレジットカードのローンで買い物をする場合、会社用の経費や備品の購入費としては使用できないという原則があるそうです。つまり会社用の経費や備品代をカードで支払う場合は個人用のカードではなく、法人カードを使用しなければならないのです。

このことを知らずに会社の経費を個人用カードで決済するのは禁止されている行為に当たる可能性があります。特に個人事業主の場合、使用の買い物とビジネスの経費がごちゃまぜになりやすく、ビジネス用とプライベートをわけないでカードを使用してしまいがちです。自分の使用しているカードにビジネス用途のローンを使用していいのかどうか、必ず記載されているはずですので1度読んでみたほうがいいと思います。そしてこれからもビジネス用の費用をカードで支払いたい場合は新たに法人カードの発行を検討するなど、プラベートとビジネスのカードをしっかりわけることが必要だと思います。経費をビジネス用にわけると、支出の把握もしやすく決済面でも便利だと思います。

法人カードのローンと追加カード

友人の勤める会社ではほとんどの社員が法人カードを持っていて、会社で発生する費用を各自法人カードで支払うように決められているそうです。法人カードとは、会社用に発行されるカードで、会社の経費や購入費のローンなどに使用できますが、追加カードを発行すれば経営者以外の社員もカードを利用することができます。社員が会社持ちのカードを使えるなんて、大丈夫なのか?と心配になる人もいると思いますが、それ以外の方法のほうが不正やごまかしという行為がしやすいように思います。

社員が料金を立て替えた場合、水増し請求や、請求書のごまかしなどしようと思えばできてしまうと思います。またそれを確かめるために払う労力もばかになりません。反対に法人カードでの決済の場合、利用した分だけ詳細に明細書に記載されますのでごまかしようがないのです。社員1人1人の利用履歴をカード会社という第三者が発行することになりますので、とても安心できる支払い方法だと思います。経理の手間もいちいち提出、支払い・・という手間を簡略化できるのでコスト削減にも繋がるのではないでしょうか。法人カードを使用するメリットは経営者本人だけでなく、追加のカード発行によりさらに広がると思います。友人の会社は中小企業ですが、大企業でも追加カードを社員に持たせているところも少なくないようです。その際、追加カードの利用分までポイントがつくカードなら二重にお徳感があると思います。

法人カードのローンが組めるカードをもっていたほうがよい

法人カードでローンが組めるのは助かると思います。事業を行っていくうえでいろいろなことがおこります。お金が必要なときがあります。そんなとき、ローンを組める法人カードがあれば助かると思います。いろいろな不安を取り除いてくれると思います。やはり、お金の面で協力体制を作っておくことは大切です。私が、もし、会社を作っているならば、必ず作っておきます。いざというときの備えのためです。法人カードのローンを組むときは、ホームページに詳しく説明が書いてあります。落ち着いて読むことができます。また、シミュレーションもできるようになっているところもあります。シミュレーションができるなら不安感がとれます。法人カードのローンを発行しているところは大手の会社などが多いので、安心して借りられます。法人カードを発行しているところの信用も大切です。安心感がありますから。

また、ローンの法人カードは使うときも便利です。会社によっては、決済サービスがしっかりしたところがあり、経理をするときに便利です。会社は、決算があるのでスムーズなお金の流れがあれば助かります。そのために、法人カードの決済サービスがしっかりしたところを選びたいものです。会社をやっていくうえで大切なのは、キャッシュフローです。お金の流れです。お金の流れをとめないためにもローンの法人カードをもっておくべきです。お金の流れがあれば、会社が危機になっても乗り越えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です