作る前に確認したいクレジットカードの審査が甘くなる基準

現在、転職をお考えの方はいらっしゃいますか。
転職先が決まった場合には、行わなくてはならないことがいろいろと存在します。
身辺整理や、各種の手続き、場合によっては転居する場合などもあるでしょう。
そして、それらと一緒に確認しておきたいことが、現在組んでおくべきローンはないか、ということです。
例えば、自動車はどうでしょうか。
現在の自動車は、まだ今後数年間乗ることができそうですか。
また、欲しかった自動車が発売されたことなどはありませんか。
何故ローンの確認をするかと言いますと、転職前後ではローンの審査結果が変動することがあるためです。
当然のことですが、ローンの審査ではそのときの自分のことを正直に記載しなくてはなりません。
つまり、転職後にローンを申し込む場合には、勤続年数や年収、また場合によっては居住年数などが変動してきます。
基本的に、勤続年数や居住年数は長ければ長いほど、安定していると捉えられます。
そのため、勤続年数や居住年数が短い場合や年収が下がってしまった場合などには、マイナスポイントとなってしまいます。
もちろん、これまでのクレジットカードやローンの利用履歴も確認しますので、必ず審査結果が良くないものになるとも言い切れませんが、転職前の時点で審査を通した方がより確実な審査結果に繋がることがほとんどでしょう。

楽器の支払いについて

月々のクレジットカードの支払いの他に、私が継続して支払いをしているローンがひとつあります。
それは、主人が仕事のために必要であった楽器のローンです。
フラットマンドリンという楽器なのですが、やはり良い音が出るものというのは、それなりのお値段がするため、なかなか一括払いというのが出来ません。
この楽器を購入する時、私は自分のギターのローンも抱えていました。
ただギターの返済は、あと2ヶ月くらいで済む予定だったので、特に金銭的な問題はありませんでした。
そして、フラットマンドリンを購入するときに使ったのは、VISAカードでした。
私が使用しているVISAカードは、一括払いを最初に選択しても、その後にインターネット上で申し込むと、リボ払いに変更することが出来ます。
毎月の支払額も、5000円単位で好きな金額に変更することが出来るため、無理なく支払いをすることが出来ます。
時々臨時で収入があったときには、一気に10万円の支払いをしたりということも出来ます。
今のところ順調に支払いがすすんでおり、支払いの残額もあと20万円をきりました。
ここからラストスパートで、毎月の額を少し多めに払っていきたいと思っています。
そして、今度はウクレレを購入したいです。

クレジットカードでのお金の借入れについて

私は今VISAのクレジットカードを持っています。
そしてショッピングする時はこのVISAカードを利用しています。
このVISAカードにはキャッシングローン機能が付いています。
キャッシング枠は300000円で返済に掛かります利息は、年率換算で18パーセントとなっています。
先日私は急に50000円が必要になってしまい、初めてこのVISAカードをキャッシングローン機能を利用して50000円を借りることにしました。
キャッシングは近くのコンビニエンスストアにありますATM機を使って、簡単操作して出来ました。
操作方法はATM機にVISAのクレジットカード挿入して借入金50000円を入力し、暗証番号と返済方法を選択するだけでお金を下ろすことが出来ました。
この時私は返済方法は毎月定額10000円のリボ払いを選択しましたので、キャッシングした翌月から10000円ずつの支払いの明細書が届きました。
今もまだ返済中ですが、10000円を5ヶ月間支払い続けた後に6ヶ月目には返済利息を支払う予定になっています。
返済利息は年率換算で18パーセントとなっていますので、約3200円が利息となっています。
このようにキャッシングローンが簡単に出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です