海外旅行中にクレジットカードの審査が甘いって連絡きたwww

今まで何カ国か海外旅行に行っていますが、しょっちゅう行っているわけではないので、毎回外貨両替には、あーだったかなこーだったかなと考えてしまいます。どの国へ行くにも、円からドルなどへと変えるのはいくらでも自由ですが、使いきれなかった場合、ドルから円に変えるにはやはり手数料がかかってしまうので、結局損をしてしまいます。なので、毎回外貨両替には慎重になるのです。
その国と、どのくらい使うのか、どのくらい買い物をするのかにもよりますが、毎回そこそこの金額を両替します。しかし、どこの銀行でも両替できるわけではなく、ドルならまだ範囲は広いにしても、他のあまりメジャーではない通貨になると、思ったように両替できないのも現実です。今は都心勤務なのでまだいいですが、昔地元で働いていた頃は、どうしても先に両替しておきたいのに都心へ出ないと両替ができずにわざわざそのために都心へ出るということもありました。この国際的になりつつある時代にもう少し、どの銀行でも幅広く両替ができたらいいのになと感じました。

外貨両替を利用してみる

昔、ヨーロッパ旅行をした頃の話です。その頃は、まだユーロがなかったので、1つの国を変わるごとに、飛行場だったり、ホテルだったりで、外貨両替してもらっていました。執に、国々をまわっていくツアーでしたので、円高なのか円安なのか、そういったことを考える暇もなく、両替しては、利用していっていました。今では、円安とか円高など、考えて、旅行に行く前に、情報を掴んでおけばお得に両替できたと思います。
帰国してからは、残ってるお金をどうするかも悩む所です。いつ両替したら得なのか、それとも、いつ行くかわからないけど、そのままとっておくのが正解なのか、悩みます。お金の価値は、常に一定ではありませんので、経済のことを掴んでいないと、なんだか難しい話のようです。特に、外貨から外貨への両替は、今だによくわかっていません。今は、ユーロになり、とても便利になったなと思います。ヨーロッパに旅行へ行くのが、とても楽しくなりそうです。

FXのサヤ取り体験記

FXサヤ取りとは、例えばドルとカナダドルでしたら、1年ほど前までは、円に対してドルが90円ですと、カナダドルは85円など、ドルよりもカナダドルの方が価値が下でした。これがある時両方とも90円に近づく時があります。
その時に、ドル買い、カナダドル売りを仕掛けます。するとまたドル90円、カナダドル85円くらいに戻ります。その時に取引終了して、間の5円のサヤを抜くと言う方法です。5円も抜く事は稀ですが、このFXサヤ取りの方法で3ヶ月間で40万円の利益を上げました。
ですが、11年7月現在では原油高に伴うカナダドルの上昇、アメリカ経済の低迷を受けて、ドルは暴落し、ドルが80円とすれば、カナダドルが83円と立場は逆転しています。おかげで儲けは全て飛んでしまい、一からやり直しと言う状況です。アメリカ経済がカナダに劣る訳は無い、いずれまた戻るとかたくなに信じた代償です。相場に絶対は無く、何時の相場もその時の経済状況を踏まえた状況であると心に刻み、冷静に見て行く事が肝心だと勉強になりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です