将来のためにお金を貯金するのです

お金は生活する上で必要ですので会社に勤務して週給や月給を一定日に支給されて毎日の生活を支えています。勤務していない人は一定の収入がありませんので預貯金を崩して生活出来る間は良いですが無くなると生活に困ることになりますので職種など言えない事になります。職種を言っている時は贅沢という事になります。人は職種で生活できるはずがありませんが多くの人は職種に拘りを持っているために年齢が進み、更に不利な条件を自ら作っていると思われても仕方がありません。職種で生活できるならば現代程、職種は増えないという事です。人それぞれに考えがありますが職種で生活できない事は万民の感替え方です。

仕事をすれば週給や月給が一定日に会社から支給されることになりますが家庭により使い方は自由ですが一部を貯金する人がいます。人の毎日の生活の上で何も起こらなければいう事はありませんが生活する上で健康上などのトラブルが発生する事がありますので、其の時に慌てないために今から準備をする事が大切です。貯金は郵便局でするようになっていますのでインターネットを使用しない人でも出来ますがインターネットを使用している人は不便な事が多いです。そのために銀行を利用する人が多いですが口座を作り、預金などの取引がないとインターネットでは利用できないようになっています。預金を利用している人はインターネットを利用してもクレジットカードの申し込みさえすればウェブサイトからショッピングが出来るようになっています。

毎月かかるお金、費用などはクレジットカード払い

今までは実家で一人暮らしをしていました。家賃や駐車場代は当然かかりませんが、光熱費、ネット代なども、家の持ち主である父が支払ってくれていました。そのため、自分が生きていくうえでかかる費用やお金は、あまり考えていませんでした。銀行にある金額を参考にして、その日暮らしのような生活をしていました。しかし、一人暮らしのアパートに引越してからはそうはいきません。今まで支払わなくてよかったものを、全部自分で支払わなければならないのですから。増えた支払は、家賃、駐車場代、電気代、ガス代、水道代、インターネット代などです。

自分が生きていく上で必要な金額はいったいいかほどなのかを計算してみました。まず家賃と駐車場代で50,000円、電気代が5,000円、ガス代、水道代が合計で4,000円、インターネット代が7,000円、タバコ代が15,000円、携帯代が9,000円、洗濯機のローンが6,000円、車のローンが20,000円、クレジットカードの支払が40,000円と、項目をあげてみると結構あるものだなとびっくりしました。これだけで156,000円です。そして生活費は最低でも月30,000円はかかります。そう考えると、現在の給料で結構ギリギリなんだなという事がわかりました。

さらに少しずつ貯金していかなければならないので、削れるところは削っていかないとまずいかなと考えています。削れるところといえば、クレジットカードの支払いです。毎月のリボ払い分が10,000円あるのは仕方ないのですが、他をもっと削っていこうと考えています。

クレジットカードから引き落としすることでお得になるお金もあります

生活をしているとさまざまなお金がかかりますが、そこには支払いをする時に面倒くさいこともあります。それは支払いをしないといけないものを窓口で支払う時です。毎月銀行に行ってお金を引き出して支払う。毎月のことなので1日中、支払いのことでいろんな所に行かないといけないという人もいると思います。そこで毎月支払わないといけないものや年金や保険などを銀行の口座から直接引き落としをしてもらえばわざわざ銀行に行かなくても大丈夫です。予め引き落とししたい銀行の窓口で手続きを終わらせば、銀行の口座にお金を入れてさえすれば自動的に引き落としてくれるものです。また支払いをしないといけないものを銀行の口座から引き落としをすることで割引をしてくれるものもあります。それは電気料金です。1回につき50円引きになりますのでお得です。支払いをしないといけない日にちがまちまちなので毎回銀行に行ってお金を引き出しするのが大変なので口座から引き落としにするとその支払いの期限に引き落としてくれますので便利です。銀行口座から引き落としにする際の手数料はかからないことが多いので口座引き落としにするべきです。また、うっかり忘れて期限を超えてしまうということもありません。

さらにお得な引き落としの方法がクレジットカードを使うということがあります。クレジットカードを使えば後日、銀行口座から引き落としになります。しかもクレジットカード会社のポイントも付くのでカードを持っている人は利用した方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です